GRADUATE COLLEGE 大学院

博士後期課程 成績評価、研究計画書審査、論文評価

成績評価

履修した授業科目の単位の修得は、その科目の試験結果等によって判定され、合格した場合にその授業科目の所定の単位を取得できる。

試験の成績はS、A、B、C、Dの評語をもって表し、S、A、B、Cを合格とする。

S100~90点
A89~80点
B79~70点
C69~60点
D60点未満

研究計画書審査

1.承認変更・修正の必要がない。
2.条件付き承認研究計画に一部修正すべき点があり、修正点は主研究指導教員が確認する。
3.変更の勧告研究計画に一部修正すべき点があり、修正点は主研究指導教員と副研究指導教員2名が確認する。
4.不承認研究計画に大きな問題があり、計画全体を修正する必要がある。

論文評価基準

論文の種類評価基準
修士論文
  1. 独創性、発展性を有する研究である。
  2. 看護学に貢献する研究である。
  3. 研究課題が適切である。
  4. 十分な文献検討が行われ、研究の重要性が明確にされている。
  5. 研究目的を達成するために、適切な研究方法を用いている。
  6. 必要なデータが十分に収集できている。
  7. データを適切に分析できている。
  8. 研究目的にかなった結果が得られている。
  9. 必要十分な文献を用いて、考察を深めている。
  10. 一貫性・論理性のある議論が展開されている。
  11. 倫理的に問題がない。