GRADUATE SCHOOL 大学院

博士前期課程 成績評価、研究計画書審査の判定基準、論文評価、修了要件

成績評価

履修した授業科目の単位の修得は、その科目の試験結果等によって判定され、合格した場合にその授業科目の所定の単位を取得できる。

試験の成績はS、A、B、C、Dの評語をもって表し、S、A、B、Cを合格とする。

S100~90点
A89~80点
B79~70点
C69~60点
D60点未満

研究計画書審査

1.承認変更・修正の必要がない。
2.条件付き承認研究計画に一部修正すべき点があり、修正点は主研究指導教員が確認する。
3.変更の勧告研究計画に一部修正すべき点があり、修正点は主研究指導教員と副研究指導教員2名が確認する。
4.不承認研究計画に大きな問題があり、計画全体を修正する必要がある。

論文評価基準

論文の種類評価基準
修士論文
  1. 発展性を有する研究である。
  2. 研究課題が適切である。
  3. 十分な文献検討が行われている。
  4. 研究目的を達成するために、適切な研究方法を用いている。
  5. 必要なデータが十分に収集できている。
  6. データを適切に分析できている。
  7. 研究目的にかなった結果が得られている。
  8. 必要十分な文献を用いて、考察を深めている。
  9. 一貫性・論理性のある議論が展開されている。
  10. 倫理的に問題がない。
課題研究論文
  1. 専門領域の看護実践の質の向上に貢献する研究である。
  2. 文献検討を行ったうえで研究の目的と意義が明確に述べられている。
  3. 適切な研究方法を用いて結果が得られている。
  4. 論文として論旨が一貫している。
  5. 倫理的配慮がなされている。

修了要件

研究コース

    本課程に2年以上在学して、共通科目を14単位(必修科目3科目計6単位、特別研究6単位、選択科目のうち研究方法科目1科目2単位)以上、専門科目を16単位以上の計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格することを修了要件とする。

    専門科目16単位については、以下のように履修する。
    〈基盤看護学領域〉
    各専攻分野の基幹科目を10単位、専攻関連科目から6単位以上
    ただし、看護キャリア開発学は基幹科目を12単位、専攻関連科目から4単位以上
    〈実践看護学領域〉
    各専攻分野の基幹科目を10単位、専攻関連科目から4単位以上
    ただし、公衆衛生看護学及び在宅看護学は基幹科目を12単位、専攻関連科目から4単位以上

CNS コース

    本課程に2年以上在学して、共通科目を16単位(必修科目3科目計6単位、課題研究2単位、選択科目のうち研究方法科目より1科目2単位、臨床薬理学、病態生理学、フィジカルアセスメントを各2単位計6単位)以上、専門科目を専攻分野所定の単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、課題研究論文の審査及び最終試験に合格することを修了要件とする。

    専門科目について、各分野ともに看護倫理学2単位、専攻分野の基幹科目について、在宅看護学、老年看護学、慢性病看護学、精神看護学及び災害看護学については24単位、小児看護学は26単位、急性期看護学及びがん看護学は28単位を履修する。加えてCNS共通選択科目(理論看護学、看護管理学、看護キャリア開発学特講、コンサルテーション論、看護政策研究)から4単位以上を履修する。ただし小児看護学についてはコンサルテーション論が分野基幹科目となるため、それ以外の科目から2単位以上を履修する。

助産学 実践コース

    本課程に2年以上在学して、共通科目を10単位(必修科目3科目計6単位、課題研究2単位、選択科目のうち研究方法科目より1科目2単位)以上、専門科目を51単位以上の計61単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、課題研究論文の審査及び最終試験に合格することを修了要件とする。
    専門科目51単位以上については、助産師指定規則の31単位を含む基幹科目を48単位、専攻関連科目から3単位以上を履修する。

マネジメント 実践コース

    本課程に2年以上在学して、共通科目を10単位(必修科目3科目計6単位、課題研究2単位、選択科目のうち研究方法科目より1科目2単位)以上、専門科目を28単位以上の計38単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、課題研究論文の審査及び最終試験に合格することを修了要件とする。
    専門科目28単位については、看護管理学は基幹科目を24単位、専攻関連科目から2単位以上を履修する。ウィメンズヘルス看護・助産学は基幹科目を26単位、専攻関連科目から2単位以上を履修する。