慢性疾患重症化予防 オンラインナーシング

慢性心不全や糖尿病患者など重症化リスクの高い慢性疾患を持ち神戸市内の医療機関に通院中の方を対象として、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用し、看護大学の専門職が対象者の血圧・脈拍などの健康状態を把握し、健康指導などを行います。

必要に応じて主治医に報告し、早期受診や適切な服薬の指導、生活上の指導を実施し、慢性疾患患者の重症化予防を行います。この取り組みは、神戸市の委託事業として実施いたします。