Faculty 教員紹介

山内 理惠ヤマノウチ リエ

人間科学領域言語科学分野教授
E-mail
yamanouNo spam@tr.kobe-ccn.ac.jp

メッセージ

専門知識に英語をプラスすることで、可能性が大きく広がります。あなたもがんばって英語を身につけてみませんか?

教育・研究テーマ

19、20世紀イギリス小説(ブロンテ姉妹とD.H.ロレンスを中心に)

主な略歴

学位
文学修士、MA
神戸女学院大学 文学部英文学科 卒業
神戸女学院大学大学院 文学研究科英文学専攻修士課程 修了
Notthingham University MA in English Language in Literary Studies 修了
Sussex University MA in English Literature, Literary History, and Cultural Studies 修了
神戸女学院大学大学院 文学研究科英文学専攻博士課程 単位取得満期退学
神戸国際大学経済学部 専任講師(2003年4月~2005年3月)
広島女学院大学文学部 専任講師、准教授(2005年4月~2015年3月)
神戸市看護大学看護学部 准教授(2015年4月~現在に至る)

最近の主な研究・論文

論文

  1. 「『白孔雀』と『嵐が丘』の繋がり―残虐性を通して―』 『ブロンテ・スタディーズ』 5巻1号  2009年
  2. 「D.H.ロレンス研究:ジェシー・チェインバーズとブロンテ像」 『広島女学院大学英語英米文学研究』 19号 2011年
  3. 「D.H.ロレンス研究:「ジミーと思い詰めた女」と『嵐が丘』」 『広島女学院大学英語英米文学研究』 21号 2013年
  4. 「D.H.ロレンスから見たオースティン」 『ジェイン・オースティン研究』 8号 2014年

著書

  1. 『ジェイン・オースティンを学ぶ人のために』 世界思想社 2007年(共著)
  2. 『ブロンテ姉妹の世界』 ミネルヴァ書房 2010年(共著)
  3. 『ことばが語るもの―文学と言語学の試み』 英宝社 2012年(共著)
  4. 『あらすじで読むジェイン・オースティン』 大阪教育図書 2012年(共著)
  5. 『エミリ・ブロンテの日記』 大阪教育図書 2013年(共訳)

所属学会

  • 日本ブロンテ協会
  • 日本ロレンス協会
  • 日本オースティン協会
  • 日本英文学会

学部授業

  • ナース英語①AB
  • ナース英語②AB
  • スタートアップセミナー
  • 研究演習
  • 英語文献講読

大学院授業

  • 英書講読
  • 英語プレゼンテーション
  • 英語論文作成演習

Rie Yamanouchi

Language Science DivisionProfessor
E-mail
yamanouNo spam@tr.kobe-ccn.ac.jp

Fields of research and teaching (Themes, keywords)

British novels in the 19th and 20th century (mainly on the Bronte sisters and D.H. Lawrence)

Education & Work experience

Academic degree
MA
1987-1991 Kobe College, School of Letters, Department of English (BA in British Literature)
1991-1993 Kobe College, School of Letters, Department of English, Master's Program (MA in British Literature)
1993-1994 Nottingham University, MA in English Language in Literary Studies
1994-1995 Sussex University, MA in English Literature, Literary History, and Cultural Studies
1999-2002 Kobe College, School of Letters, Department of English, Doctoral Program (British Literature)

Publications

Articles

  1. "The Shared Cruelty--Wuthering Heights and The White Peacock--." Bronte Studies (The Bronte Society of Japan) Vol. V, No. 1. 2009.
  2. "A Study on D.H. Lawrence--In relation to Jessie Chambers and Emily Bronte--." Studies in English Language and Literature Vol. 19. 2011.
  3. "Elements of Wuthering Heights in 'Jimmy and the Desperate Woman.'" Studies in English Language and Literature Vol. 21. 2013.
  4. "D. H. Lawrence's Opinion on Jane Austen." The Journal of the Jane Austen Society of Japan Vol. 8. 2014.

Books

  1. For Those Who Study Jane Austen. Sekai-Sisousha. 2007 (Joint Authorship)
  2. The World of the Bronte Sisters. Minerva Shobo. 2010 (Joint Authorship)
  3. What Languages Convey--Literary and Linguistic Attempts. Eiho-sha. 2012 (Joint Authorship)
  4. Reading the Plots of Jane Austen's Works. Osaka-kyoiku-tosho. 2012 (Joint Authorship)
  5. Emily's Journal. Osaka-kyoiku-tosho. 2013 (Joint Translation)

Affiliated academic organization(s)

  • The Bronte Society of Japan
  • The D. H. Lawrence Society of Japan
  • The Jane Austen Society of Japan
  • English Literary Society of Japan

Lesson

  • English for Nursing AB
  • Communication English I AB
  • Start-Up Seminar
  • Readings in English Medical Articles

Lesson in Graduate school

  • Reading English Texts
  • Presentations in English