GUIDE COLLEGE 大学案内

奨学金・授業料の減免制度・学割

奨学金

人物・学業ともに優秀かつ健康な学生で、経済的理由により修学困難な学生に対して、選考により奨学金が貸与される制度があります。募集はその都度、掲示板に掲示してお知らせします。

看護学部

日本学生支援機構奨学金
種類貸与月額等
第一種(無利子)自宅通学 ―30,000円・45,000円から選択
自宅外通学―30,000円・51,000円から選択
第二種
(有利子、年利3%以内)
(1)30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円の中から選択
(2)入学時特別増額貸与100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円から選択

定期採用の募集は4月ですが、家計急変のため緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合は、緊急(第一種)・応急(第二種)採用の途もありますので、事務局へ相談してください。

神戸市看護学生修学資金貸与制度

神戸市民病院機構が行っている修学資金貸与制度で、卒業後に神戸市民病院機構(中央市民病院・西市民病院・西神戸医療センター・(仮称)神戸アイセンター病院)に勤務する意思のある3年生または4年生が対象です。
卒業後、ただちに神戸市民病院機構(中央市民病院・西市民病院・西神戸医療センター・(仮称)神戸アイセンター病院)に就職し、一定期間看護職員として勤務すれば、返還が全額または一部免除されます。

対象者区分貸与月額貸与年数貸与総額
神戸市看護大学に在学する
3年生または4年生
3年生50,000円
(年額600,000円)
2年間1,200,000円
4年生1年間600,000円
日本学生支援機構等の奨学金を
受けている3年生または4年生
3年生①、②のどちらか少ない額
①最終学年に日本学生支援機構から奨学金の貸与を受けた額÷12
②50,000円
採用後
2年間
上限
1,200,000円
4年生採用後
1年間
上限
600,000円
その他の奨学金

本学で扱っているその他の主な奨学金制度等は、次のとおりです。

名称貸与月額備考
三木瀧蔵奨学財団30,000円(給付)1年生が対象で、学業、人物、健康等を総合審査のうえ、適格者を推薦します。
木下記念事業団奨学金50,000円(給付)2年生以上が対象で、学業、人物、健康等を総合審査のうえ、適格者を推薦します。
木下記念事業団寮生住居費無料(光熱水費は自己負担)学業、修学困難の程度(通学時間)について総合審査のうえ、適格者を推薦します。
地方公共団体の奨学金当該地方公共団体の出身者を対象。希望者は、出身地の各都道府県、市町村の教育委員会事務局等に問い合わせてください。

大学院

日本学生支援機構奨学金
  1. 申込者の中から、学業、人物、健康、修学困難の程度について総合審査のうえ、適格者を推薦します。
  2. 高等学校、大学又は大学院等で日本学生支援機構(旧日本育英会) の奨学生であった者は、返還猶予の手続のため、「在学届」を提出してください。
  3. 奨学金受給者は、修了予定年度を除いて毎年1回(12月頃)「奨学金継続願」を提出しなければなりません。手続を怠ると、奨学金の廃止の処置が取られますので、注意してください。
  4. 家計急変のため、緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合は、緊急採用の途もありますので、学務係に相談してください。
貸与月額
博士前期課程
  • 第一種(無利子)
    50,000円、88,000円から選択
  • 第二種(有利子、年利3%以内)
    5万円、8万円、10万円、13万円、 15万円から選択
その他の奨学金・研究助成金

国際看護師協会東京大会記念奨学金や他の団体が行う奨学金、研究助成金事業については、募集の都度、掲示板でお知らせします。

国の教育ローン

入学時や在学中に必要となる資金を融資する公的な制度です。「教育ローンコールセンター」(0570-008656(ナビダイヤル)、03-5321-8656)もしくは、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)に問い合わせてください。

授業料の減免制度(大学院)

1.経済的な理由で授業料の納付が著しく困難な学生は、申請により授業料か減免される場合があります。

減免の対象となる者は、次の事項にすべて該当する者です。

  1. 授業料を主として負担する者が、生活保護法による生活扶助を受けていること又はこれに準ずる生活困窮者であること。
  2. 日本学生支援機構の奨学生であること又は奨学生に応募していること。
  3. 学業成績が優秀であること。
  4. 定期健康診断を受診していること。

2.特にやむを得ない理由により、納付期限までに授業料の納付が困難である者は、申請により納付猶予又は分納の措置を受けることができます。

3.授業料の減免の申請時期は、原則として前期分は前年度の1月、後期分は7月です。

申請方法等については、掲示板に掲示してお知らせします。
ただし、新入生は、後期からになります。

4.減免又は納付猶予・分納の審査は毎年各期ごとに行います。

5.災害等により授業料の納付が困難になった場合は、学務係に相談してください。

学割

帰省・就職試験・課外活動等のため、JR線等を片道100㎞以上利用する場合、旅客運賃が割引になります。