• 公開講座
  • 7大学連携先端的がん教育基盤創造プランとは
  • 神戸市看護大学
  • 7大学連携先端的がん教育基盤創造プランFacebookページ

神戸市看護大学からのお知らせ

平成29年01月08日 市民公開講座のご案内

■つながるいのち、つなげる心から

東北震災以後にそれまでの社会的希薄な人間関係を再認識して個々の繋がりを重視する「絆」が叫ばれました。
実は 2500年も前から、この人間同士の繋がりを表す仏教の用語に「縁起(えんぎ)」があります。
対人援助の構造として私が「自縁、他縁、法縁」に分類して説明します。
エンド・オブ・ライフケアにおいても、この他縁と法縁の力を発揮して、”つながるいのち” について考えてみましょう。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成29年1月8日(日) 13時00分~15時00分
■講演
大下 大圓氏
飛騨千光寺住職
医療、福祉、教育における「スピリチュアルケア」や「ケアする人のケア」、「瞑想療法」の普及活動。
また、東日本大震災以降は、被災地での支援活動(心のケア)を続け、 仮設住民の講話や瞑想療法で臨床宗教師として支援活動を継続されています。
主な著書:「いのちの重み」、「いさぎよく生きる」、「もう悩まない -今を安らか に生きるために」など

平成28年11月23日 公開講座のご案内

■緩和ケアにおけるケアの倫理~人間として尊重するということ~

緩和ケアにおけるケアの倫理についてお話して頂きます。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成28年11月23日(火・祝) 13時00分~15時00分
■講演
①石垣 靖子先生
(北海道医療大学 名誉教授)
緩和ケアにおけるケアの倫理
②向井 美千代先生
(北播磨総合医療センター 緩和ケア病棟課長・がん性疼痛看護認定看護師)
緩和ケアに関わる看護職のケアの倫理を育むための現状と取組
■意見交換会:人間として尊重されたケアを提供するために大切なこと

平成27年11月3日 市民公開講座のご案内
※この公開講座は終了しました。ご来場ありがとうございました。

■がんと診断されたとき~がんになっても豊かに生きるために~

本年度の市民公開講座では『がんと診断されたとき』に、納得した治療と診断時からの緩和ケアを受けることやがんと共にいきいきと働き暮らすためにどうしたらいいのかをともに学び、“がんになっても豊かに生きるために”について皆様と一緒に考えたいと思います。ご参加を心よりお待ちしております。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成27年11月3日(火・祝) 13時30分~15時40分
■講演
①辻 晃仁先生
(香川大学 医学部 臨床腫瘍学講座 教授、医学部附属病院 腫瘍センター長)
がんと診断されたとき
~納得した治療と診断時からの緩和ケアを受けるために~
②濱田 麻美子先生
(神戸市立医療センター中央市民病院 がん看護専門看護師 外来師長)
がんと共に生活する
~自分らしくいきいきと働き暮らすための支援を知って~
■意見交換会:がんになっても豊かに生きるためには

平成26年12月23日 市民公開講座のご案内
※この公開講座は終了しました。ご来場ありがとうございました。

■「もしも・・・」のことを話し合おう!みんなでつくるこれからの緩和ケア

人生の終末を迎えるとき、“どこでどのようにどうやって過ごしたいか”、“自分が大切にしていること”、“治療や医療に関する希望”などを事前に話し合うことについて、市民の皆さんと一緒に考え、これからの緩和ケアを共に創っていきたいと思います。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成26年12月23日(火・祝) 13時30分~15時15分
■講演:木澤義之先生(神戸大学先端緩和医療学分野 特命教授)
アドバンス・ケア・プランニングのススメ
■意見交換会:「もしも・・・」のことを話し合うために

平成25年12月8日 市民公開講座のご案内
※この公開講座は終了しました。ご来場ありがとうございました。

■最期まで自分らしく生きるために

がんになっても最期まで自分らしく生きるためのヒントを、お話ししていただきます。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成25年12月8日(日) 13時~15時30分
■講師:
①新城拓也先生(しんじょう医院 院長);痛みをなくして自宅で過ごす
②沼野尚美先生(宝塚市立病院チャプレンカウンセラー);心のつらさを和らげる

平成25年10月14日 市民公開講座のご案内
※この公開講座は終了しました。ご来場ありがとうございました。

■家族が終末期を迎えるとき~大切な人との死と向き合うために~

がんになった家族と別れて、悲しみのさなかにある人を支えことや悲しみからの回復についてお話して頂きます。

■開催場所:神戸市看護大学 大学ホール

■開催日時:平成25年10月14日(月・祝) 13時~15時30分
■講師:
①坂上雅翁先生(関西国際大学 教授):仏教における生と死
②鈴木志津枝先生(神戸市看護大学 学長):大切な人をどう看取るか