Faculty 教員紹介

加藤 憲司カトウ ケンジ

専門基礎科学領域健康科学分野教授
E-mail
kkatoNo spam@tr.kobe-ccn.ac.jp

メッセージ

私は社会人経験の後、再チャレンジとして看護の道を志しました。また、看護以外の様々な分野の研究や仕事にも携わってきました。私のこうした経歴や取り組みを学生の皆さんの教育・研究に活かせるよう、試行錯誤を積み重ねて行こうと思います。

活動紹介

現在、日本国内に在住の日本語弱者(Limited Japanese Proficiency)の人々を支援する目的で、医療通訳ならびにそのコーディネーターの養成プログラムを本学と神戸市外大とが共同で開発するという、大学を挙げてのプロジェクトのリーダーを務めています。

教育・研究テーマ

医療通訳・コーディネーター養成プログラムの開発と検証
介護予防等につながる自治体の保健施策の効果の縦断的検討
慢性心身症状に影響を与える遺伝・環境要因の解明

主な略歴

学位
博士(保健学)、Ph.D.(epidemiology)
【学歴】
早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒業(理学士)
大阪大学医学部保健学科看護学専攻卒業(学士(看護学))、保健師・看護師免許取得
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期および後期課程修了(博士(保健学))
The Karolinska Institute (Sweden) 医療疫学・生物統計学部大学院博士課程修了(Ph.D. (epidemiology))
【職歴】
岐阜県知事部局技術吏員
世界保健機関(WHO)神戸センター技術担当官
国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科講師
千里金蘭大学看護学部地域・広域看護学講座准教授
大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター特任教授
神戸市看護大学准教授
2017年4月より現職

最近の主な研究・論文

論文

  1. nui F, Honda C, Kato K, Tomizawa R, Nishihara R, Hayakawa K. A longitudinal twin study on Tojikomori and depressive symptoms in Japanese elderly. Psychogeriatrics. 2016;16:255-262.
  2. Ogata S, Kato K, Honda C, Hayakawa K. Common genetic factors influence hand strength, processing speed, and working memory. Journal of Epidemiology. 2014;24:31-38.
  3. Nishihara R, Inui F, Kato K, Tomizawa R, Hayakawa K. Genetic contribution to the relationship between social role function and depressive symptoms in Japanese elderly twins: a twin study. Psychogeriatrics. 2011;11:19-27.
  4. Kato K, Sullivan PF, Pedersen NL. Latent class analysis of functional somatic symptoms in a population-based sample of twins. Journal of Psychosomatic Research. 2010;68:447-453.
  5. Kato K, Sullivan PF, Evengard B, Pedersen NL. A population-based twin study of functional somatic syndromes. Psychological Medicine. 2009;39:497-505.
  6. Charles ST, Gatz M, Kato K, Pedersen NL. Physical health 25 years later: the predictive ability of neuroticism. Health Psychology. 2008;27:369-378.
  7. Kato K, Sullivan PF, Evengard B, Pedersen NL. Premorbid predictors of chronic fatigue. Archives of General Psychiatry. 2006;63:1267-1272.
  8. Kato K, Sullivan PF, Evengard B, Pedersen NL. Chronic widespread pain and its comorbidities: a population-based study. Archives of Internal Medicine. 2006;166:1649-1654.
  9. Kato K, Sullivan PF, Evengard B, Pedersen NL. Importance of genetic influences on chronic widespread pain. Arthritis and Rheumatism. 2006;54:1682-1686.
  10. Kato K, Pedersen NL. Personality and coping: a study of twins reared apart and twins reared together. Behavior Genetics. 2005;35:147-158.

著書

  1. 加藤憲司 『エビデンスと実践をつなぐ 量的研究論文の読み方・使い方』(連載) 看護管理 医学書院 2015年9月~2016年9月.
  2. 加藤憲司 『量的研究エッセンシャル』(連載) 週刊医学界新聞 看護号 医学書院 2014年1月~2015年4月.
  3. 金川克子(編) 医療通訳・コーディネーターの育成:大学教育カリキュラムの可能性 pp.53-57 神戸市看護大学 2015.
  4. 早川和生(編)加藤憲司・祖父江育子・大野ゆう子・笠原聡子・東サトエ・白石裕子・松田たみ子(共著) 『看護研究の進め方・論文の書き方』第2版 医学書院 2012.
  5. Kato K. Genetic Epidemiological Studies of the Functional Somatic Syndromes: Chronic Widespread Pain and Chronic Fatigue. Karolinska University Press, Stockholm, 2007.
  6. Pedersen NL, Spotts EL, Kato K. Genetic Influences on Middle Functioning. In Wills SL & Martin M (ed.) Middle Adulthood: A Lifespan Perspective. SAGE Publications, Thousand Oaks, CA, 2005.

学部授業

  • ヘルスプロモーション論、スタートアップセミナー
  • 公衆衛生学、保健統計学、疫学、看護研究方法論Ⅰ
  • 健康行動論、文化と国境を越えた健康支援、研究演習

大学院授業

  • 【博士前期】 推計学
  • 【博士後期】 量的看護研究

Kenji Kato

Basic Medical Sciences RegionHealth Science DivisionProfessor
E-mail
kkatoNo spam@tr.kobe-ccn.ac.jp

Education & Work experience

Academic degree
Ph.D.