EMPLOYMENT QUALIFICATION 就職・資格

看護学部 資格について

取得可能資格

本学のカリキュラムを修了すると、看護師国家試験受験資格と保健師国家試験受験資格(選択制)が与えられます。
国家試験は毎年2月に、全国の主要都市にもうけられた会場で行われます。
看護師国家試験と保健師国家試験は別々の日に行われますが、両日ともほぼ一日中試験が続きます。
はれて合格すれば、厚生労働省の看護師籍・保健師籍に登録され、その免許証が授与されます。
これが、看護職として働くために必要なライセンスということになります。

国家試験合格状況

最近5年間の国家試験合格率は、以下のとおりです。
例年、全国平均より高い合格率(一部を除く)を維持しています。

看護師保健師
29年度99.0% (96.3%)90.0% (85.6%)
28年度98.7% (94.3%)100% (94.5%)
27年度97.9% (94.9%)96.4% (92.6%)
26年度100% (95.5%)100% (99.6%)
25年度100% (95.2%)94.1% (88.8%)
(括弧内は全国平均)

保健師課程受講生の「選択制」について

本学では、平成24年度入学生から保健師課程に「選択制」を導入しています。
保健師国家試験受験資格の取得を希望する学生が21名以上の場合、3年次前期前半に別途定める方法により20名を選考します。

保健師国家試験受験資格の取得に必要な単位数

保健師課程選択者は、本学を卒業するために修得しなければならない128単位に加えて保健師必修科目の単位を修得する必要があります。
単位の内訳は以下のとおりで、合計140単位以上を修得しなければなりません。

  1. 看護学の基盤となる科目Ⅰ ⇒ 25単位以上
  2. 看護学の基盤となる科目Ⅱ ⇒ 29単位以上(必修22単位+保健師必修7単位)
  3. 看護学科目 ⇒ 79単位以上(必修64単位+保健師必修11単位+選択4単位)
  4. 総合科目 ⇒ 7単位以上