教育ボランティアを導入した授業

本学では、地域住民と共に創っていく新たな看護教育モデルとして、地域住民による教育ボランティアを導入した授業を展開しています。具体的には、授業のゲストスピーカー、看護技術演習の模擬患者、健康生活支援技術演習で学生が企画・実施する健康教育の模擬受講者、地域における健康生活支援学実習で行う家庭訪問の受け入れ家族などの教育ボランティアとして、地域住民の方にあらかじめ登録していただき、必要に応じて授業に協力していただくシステムを構築しています。教育ボランティアの導入により、学生の多様で実践的な学習が可能となり、教育活動全体の活性化につながっています。