ディプロマポリシー

看護学部

看護学部では、以下の態度や能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に学位を授与します。

  1. 看護実践に必要な知識と基本的技術を身につけ、分析的かつ総合的思考ができ、対象の個別性に応じた看護実践を行う能力を有している。
  2. 生命の尊厳と人権を尊重し、常により良い行動を取ろうとする倫理的態度を身につけている。
  3. 他者との関わる力を有し、能動的に他者との関係を築くことができる。
  4. 保健医療福祉従事者など様々な専門職者との連携・協働に必要なリーダーシップの基礎を理解し、協調性を身につけている。
  5. 地域住民の健康問題に関するニーズをとらえ、主体的に地域活動に参加する姿勢を身につけている。
  6. 先見性をもって国際的視野から健康問題をとらえ、主体的にそれに取り組む姿勢を身につけている。
  7. 広い視野と豊かな教養にもとづいて、看護の対象となる人間を全体としてとらえることができ、人間の存在や経験の意味を洞察することができる。
  8. 社会の要請に応じて、常にケアの質の向上と新たな看護システムを探求しようとする姿勢を身につけている。

助産学専攻科


助産学専攻科のページをご参照ください。


大学院看護学研究科博士前期課程


大学院博士前期課程では、以下の能力・態度等を修得した実践者、管理者、教育研究者を育成します。

  1. 看護専門職としての自覚と責任に基づき、専門性の高い看護実践を行うことのできる能力を有している。
  2. 生命の尊厳と人権の尊重に基づく倫理観をそなえた看護者として、実践・管理・教育・研究の場で行動できる能力を有している。
  3. 実践志向に基づき、創造的に看護研究を行うことのできる能力を有している。
  4. 保健医療福祉従事者など様々な専門職者の中で、ケアの質の向上に向けてコーディネートできる能力を有している。
  5. 総合的視野に立って、看護サービスを改革することのできる能力を有している。
  6. それぞれの専門領域で、後進の指導を担うことのできる能力を有している。
  7. 国際的視野に立って看護の課題に取り組むための態度を備えている。

大学院看護学研究科博士後期課程


大学院博士後期課程では、以下の能力・態度等を修得した実践者、管理者、教育研究者を育成します。

  1. 実践志向に基づく看護学のパラダイムを構築できる能力を有している。
  2. 新しい看護モデルの開発のために、保健医療福祉従事者など様々な専門職者と連携し、ケアの場をコーディネートする能力を有している。
  3. 医療の高度化・先端化と少子高齢化を踏まえて、ケアの質を保証するための組織化とシステム開発を行う能力、さらには看護政策を立案・推進する能力を有している。
  4. 国際的視野に立った看護の課題に取り組む能力を備えている。
  5. 看護学教育・研究において後進の指導を担うことのできる能力を有している。