カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

看護学部

看護学部では、次の方針で教育を行います。

  1. 4年間の学士課程を通して、人間の営みに関係する文化、社会、自然、言語の科目、人間の健康生活に関係する生体の基礎、健康と生活、健康の変調と医療の科目を履修することにより、看護学の基盤となる様々な学問領域における知識と教養を身につける。また、専門教育では、看護実践に必要な知識と基本的技術を身につける。
  2. 看護学科目にシミュレーション教育、実習指導者等による講義や事例を用いた授業を導入することを通して、看護の現象を多角的に捉え、思考の広がりを育成すると共に、分析、統合する思考を育成する。
  3. グループワークによる演習を含む科目や実習科目を履修することにより、他者と関わる力や協調性、倫理的態度、リーダーシップを養う。
  4. 看護統合科目・総合科目では、与えられた課題を十分に探究・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・発信する能力を育てる。
  5. 地域住民に模擬患者や生活体験の語り手等として協力していただく「コラボ教育」を導入することにより、地域住民の生活や健康問題に関するニーズを捉える力、主体的に地域活動に参加する姿勢を育てる。
  6. 複数の語学科目を配置し、国際的視野に立った医療や看護を学ぶことにより、異なった文化や価値観を理解する姿勢を育てる。

大学院看護学研究科博士前期課程


大学院博士前期課程では、次の方針で教育を行います。

  1. 看護専門職としての自覚と責任に基づき、専門性の高い看護実践を行うことのできる能力を育成する。
  2. 生命の尊厳と人権の尊重に基づく倫理観をそなえた看護者として、実践・管理・教育・研究の場で行動できる能力を育成する。
  3. 実践志向に基づき、創造的に看護研究を行うことのできる能力を育む。
  4. 多様な関係者の中で、ケアの質の向上に向けてコーディネートできる能力を育成する。
  5. 総合的視野に立って、看護サービスを改革することのできる能力を育成する。
  6. それぞれの専門領域で、後進の指導を担うことのできる能力を育成する。
  7. 国際的視野に立って看護の課題に取り組む態度を育成する。

大学院看護学研究科博士後期課程


大学院博士後期課程では、次の方針で教育を行います。

  1. 実践志向に基づく看護学のパラダイムを構築できる能力を育成する。
  2. 地域社会の保健・医療・福祉に貢献する新しい看護モデルを開発できる能力を育成する。
  3. 医療の高度化・先端化と少子高齢化を踏まえて、ケアの質を保証するための組織化と管理システム開発、ならびに看護政策を立案できる能力を育成する。
  4. 国際的視野に立って看護の課題に取り組むことのできる能力を育成する。
  5. 看護学教育・研究において後進の指導を担うことのできる能力を育成する。