ワシントン大学看護学部と学術協定

趣 旨

本学では、「教育目標」の柱のひとつとして、「文化的背景を異にする人々とのコミュニケーション能力を培い、国際的視野に立って看護の課題に取り組む態度と行動力を育む。」と謳っています。
このたび、平成8年の開学以来初めて、海外の大学と学術協定を締結し、国際交流の推進を図ります。

協定の相手方

(1)名 称

   ワシントン大学看護学部

       (UNIVERSITY OF WASHINGTON  SCHOOL OF NURSING                 

(2)所在地

   米国ワシントン州シアトル

(3)プロフィール

 ワシントン大学(大学設置年 1861年)は、全米の州立大学トップ校(ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレー校等)で形成される名門校グループ「パブリック・アイビー」の一つに数えられる著名校であり、ノーベル賞受賞者も数多く輩出しています。

特に、医学分野では高く評価され、看護大学院は全米1位の評価を得ています。

協定の概要

(1)教育・研究を目的とした教員の交流

(2)学術集会、ゼミナールやシンポジウムへの研究者の相互招聘

(3)共同の研究活動、情報交換

(4)出版物や蔵書の相互利用

締結日

平成24年12月25日