大学院の概要

21世紀は、新たな保健・医療・福祉のシステムづくりのはじまりです。
来るべき社会で、人間が人間として生きるために、看護学はどうあるべきか。
地域に生きる人々の営みを全体的にとらえ、Quality of Life(QOL)に視点を置いたケアを科学的に追求し、体系化していく。そして、実践に結びつけていく。その積み重ねの中で答えがみえてくるのではないでしょうか。
神戸市看護大学大学院は、将来をグローバルに展望した創造的な看護の学術研究を推進し、専門知識・技術と科学的視野をもった高度専門職業人(CNS)、研究者、教育者、管理者の育成をめざします。

本学では、働きながら学ぶ専門家の方々のために、夜間開講長期履修制度を準備しております。



大学院学則