各専攻の構成と特色

1.構成

 看護学研究科博士前期課程は、基盤看護学領域、実践看護学領域から成り立っています。
 研究コースでは特別研究の単位取得、専門看護師(CNS)コース、マネジメント実践コース、助産学実践コースでは課題研究の単位取得が学位取得の要件です。

領域 分野 コース
基盤看護学 基礎看護学 研究
看護技術学 研究
看護管理学 研究
マネジメント実践
看護キャリア開発学 研究
領域 分野 コース
実践看護学 公衆衛生看護学 研究
在宅看護学 研究
CNS
老年看護学 研究
CNS
ウィメンズヘルス看護・助産学 研究
助産学実践
マネジメント実践
精神看護学 研究
CNS
慢性病看護学 研究
CNS
急性期看護学 研究
CNS
がん看護学 研究
CNS
小児看護学 研究
CNS

 

2.特色

  • 教員からの専攻分野・研究紹介
基盤看護学領域

 高度専門職業人としての看護実践の理論的な基礎を構築するためや、看護サービスを効果的に組織化するために必要な知識を提供する領域です。基礎看護学分野では、高度専門職業人としての看護実践の理論的基礎や倫理などを通じて看護の本質を探究します。看護技術学分野では、看護技術の効果と根拠を検証するとともに、新たな看護技術の開発やその質の向上を目指します。看護管理学分野では、看護をめぐる〈人・モノ・お金〉を動かし、どのように看護サービスとその提供のしくみを変革していくかを、法や政策など外部システムとの関連も含めて探究します。看護キャリア開発学分野では、専門職としての看護職者の発達を、組織と個人の観点からとらえ、看護キャリア開発学の体系化と実践的価値を追究します。

(1)基礎看護学
生命倫理、看護倫理の知識は広く周知されてきていますが、臨床での看護倫理の実践はなかなか実行に移せないことが多いと考えます。個々の共感性や思いやりからスタートするケアが専門職のケアリングに至るまでの発展のプロセスは大切な研究内容です。基礎看護学では、倫理的行動の分析から倫理的感受性の育成等に関する研究、看護師の倫理的悩みを解決するための労働環境や看護管理体制の在り方の研究、保健医療職の作業関連疾患への対応やメンタルヘルスを支える産業看護職の役割等に関する研究を行っていきます。

(2)看護技術学
キネステティク概念を活用した体位変換と移動の援助技術など、身体アウェアネス(対象に対してあたたかい関心を向け、身体ぐるみで精細に聴き沿っている状態)に関わる看護技術を追求し、その科学的根拠の検証および新たな看護技術の開発と評価をめざします。また、安楽、活動と休息、療養環境調整などに関する技術やその評価も検討課題とします。

(3) 看護管理学
看護管理学分野の研究コース、マネジメント実践コースでは、看護サービス提供を支える人材、設備物品、財政ならびに、アウトカムとしてのサービスの質保証をめぐるさまざまな現象を、制度・政策をはじめとする政治・社会動向との関連の中でとらえ、その改善・変革の道筋を探究します。博士前期課程では「どうなっているか」の解明を主に、博士後期課程では「どうすればよいか」という方策の探究を目標として研究に取り組みます。「苦しいけれど面白い」研究のアンビバレンツをともに楽しみましょう!

(4)看護キャリア開発学
博士前期課程の看護キャリア開発学分野では、専門職としての看護職の発達を、個人と組織の観点からとらえ、看護キャリア開発学の体系化と実践的価値の追究を目指しています。これまでの院生は、看護職としての自分を振り返る中から、看護学および看護実践に貢献する研究をしています。博士後期課程では、看護基盤開発学領域の中で、看護職のキャリア開発に結びつく現象の解明やシステム作りを目指しています。

実践看護学領域

 おもに高度専門職業人の育成をめざす領域とし、複雑な健康問題をもつ個人や集団を対象としたより高度な看護実践に必要とされる看護の介入方法や理論を追求する領域として構成しています。看護学は実践の科学です。実践看護学領域では、それぞれの専門分野から、進化する高度医療やめまぐるしく変化する社会情勢、地域ニーズに対応できる質の高い看護ケアを研究・開発し、実践活動に活かすことのできる教育研究者および高度専門職業人の育成を目指しています。

(1)公衆衛生看護学
公衆衛生看護学分野では、地域で暮らす人々が今よりも健康とQOLを高めることができるよう個人や家族、集団、地域のニーズ把握、支援のあり方、活動評価、アプローチ方法等について探究しています。大学院においては、保健師の専門性を踏まえ、質の高い看護実践を行っていくための根拠となる理論や方法論を深め、実践の場に還元することができる研究を目指しています。

(2)在宅看護学
在宅看護学分野は、在宅生活を送りながら療養している人々および家族のニーズに対応した、質の高い治療およびケアの提供体制の探求を目指しています。大学院において、在宅ケアに関する看護の専門性を踏まえ、ケア方法のみならず、訪問看護事業所の運営管理、在宅ケアにおける多職種連携等、多様な視点で研究指導をするように心がけています。

(3)老年看護学
人生の終盤を生きる高齢者のだれもが「最期まで自分らしく、望む場所で生き抜くことができる」ことを願っています。老化や疾病によって生じる生活上の困難に対して、看護師は日常生活の援助を通して高齢者が生きる力を引き出し、人生の最期を意味ある時間にしていけるよう支援しています。後期高齢者層の増加を特徴とする超高齢社会における老年看護学の研究は奥行きが深く、幅広い研究を必要としています。これらの看護実践にかかわる援助の様相についての記述研究、高齢者がケアを受けながら老いを生き抜く姿についての研究など、多岐にわたるテーマを多様な研究方法で指導しています。

(4)ウィメンズヘルス看護・助産学
ウィメンズヘルス看護・助産学分野の研究コース、マネジメント実践コースでは、施設や地域での助産実践のなかにある助産師の技や助産ケアの経験知を丁寧にエビデンスとしていく実践研究、女性の暴力に関連する研究、思春期保健に関する研究、助産師の院内・地域でのマネジメントに関する研究をしています。多くの人や助産実践との出会いから、助産学やウィメンズヘルス看護を広い視野で見つめ、臨床と研究を結ぶことのできる人材の育成を目指しています。助産師の資格取得の助産学実践コースでは、高度な実践者を目指すため、多角的に学修し、多くの実習を行うと共に、臨床実践に関連した課題研究を行っています。

(5)精神看護学
精神看護学分野では、精神障がいをもつ人のリカバリーやリカバリー志向の看護援助に関する研究をはじめ、精神障がいをもつ人の家族に関する研究、精神科訪問看護に関する研究、看護師のメンタルヘルスに関する研究、一般病院に入院している患者や家族の心のケアに関する研究、災害ストレスと心のケアに関する研究、そして精神看護専門看護師の実践に関する研究など、精神看護に関連する幅広い研究を行っています。また研究では、院生の研究関心と専門性を大切にしながら指導を行っています。

(6)慢性病看護学
慢性病看護学分野では、糖尿病や高血圧、慢性腎臓病といった生活習慣病をかかえる人の体験に焦点を当てた研究、患者のセルフマネジメントを支援する介入研究、脳卒中後のリハビリテーションの回復過程に関する研究など、幅広いテーマで研究を行っています。研究では、院生のスペシャリティを尊重しながら、できるだけ主体的に研究をすすめられるよう指導を行っています。

(7)急性期看護学
本分野では、1年生の当初より院生の研究疑問を大切にして文献検討を進め、研究テーマの焦点化をおこなっています。研究テーマは、救急における家族の意志決定支援、ICUにおける人工呼吸器装着患者への看護、ICUでの痛みに対する看護師の臨床判断、急性期病棟における認知症高齢者へのケアの構造化、ICUにおける家族看護に関する看護師の困難感、などさまざまです。院生の個性を大切にした指導を心がけています。

(8)がん看護学
私の教育研究分野は、がん看護学と家族看護学、緩和ケアの分野です。大学院では、治療後のがん患者の自己概念の変化に関する研究、がん患者や家族の苦悩や困難など否定的な側面、あるいは希望やQOLなど肯定的な側面に焦点をあてた研究、緩和ケアや悲嘆ケア、遺族ケアに関する研究、患者と家族の相互作用に関する研究などの指導を行っています。これらの分野に関心のある方と本学で共に学び研究できることを期待しています。

(9)小児看護学
慢性疾患患児と家族のセルフケアや子どもと家族のヘルスプロモーションを中心とする小児看護学に関する幅広いテーマの研究を指導しています。博士前期課程では、学生の関心に沿って小児看護実践で起こっている現象を理解するための研究が中心です。また、博士後期課程では、小児看護実践における新たな看護支援方法の開発を目指し、新たな看護支援方法を導くための研究や検証するための研究を学生に寄り添いながら指導しています。